2013年05月24日

待ち望んだ反応」米国務長官、イランの対話

アレキサンダー・マックイーンの葬儀が、ロンドンで行われ、ケイト・モスやナオミ・キャンベル、ダフネ・ギネス、サム・テイラー・ウッドなど彼の親しい友人たちが参列した. スポークスマンは、「他の友人たちやサポーターが参列できるお別れ会も今年中に開催する予定で、詳細は後ほど発表する」と話した. また、「デザインチームは、ブランドの将来と3月9日にパリで行なわれるコレクション発表に注力している」と述べた. クリントン米国務長官は17日、イランが国連安全保障理事会の常任理事国にドイツを加えた6カ国との協議に応じる意向を示したことについて「我々が待ち望んでいた反応だ」と歓迎した. イランの意向をさらに分析したうえで、協議再開を決断する考えも示した. イランから書簡を受け取った欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表と国務省で会談し、共同記者会見で述べた. クリントン氏は、協議で核開発問題を最初の議題とするという6カ国側の要求を「イランが受け入れているようだ」と評価した. イランは協議再開に向けた前提条件も示していないという. 協議再開の時期については、6カ国が書簡の分析を終える必要があると述べるにとどめた. スパイク サッカー また、原子力利用の国際的義務を守るといった具体的成果を出すところまで協議を続ける意向がイランにあるかどうかも見極めたい考えも示した.
posted by Kunizane at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。